必見!誰でも一週間で痩せる方法、7日間のステップ

必見!誰でも一週間で痩せる方法、7日間のステップ
短期間でのダイエットはできれば避けたいもの。

しかし、どうしても着なければいけない服がある時などは短期決戦型のダイエットも必要かもしれません。

短期間での過激なダイエットは太りやすい身体になってしまうリスクがあることを理解した上で、最近食べ過ぎが続いたとか、少しスッキリさせたいというような調整法のひとつとして取り入れるようにしてみてください。

特に絶食はしないでください。栄養素の摂取は心身の安定に必要なことですから、必ず実行してください。

体重が落ちても、日々健康的に過ごすエネルギーが失われてしまっては元も子もありません。それでは一週間で誰でも痩せる7日間のステップについて一緒に学んでみましょう。



 


必見!誰でも一週間で痩せる方法、
7日間のステップ

 


現実的なゴール設定をしよう


いくら短期決戦型のダイエットとは言え、現実的な目標を持ちましょう。1週間で7kg減などというサプリメントの広告に騙されてはいけません。

短期間での大幅な減量は後にリバウンドを招き、かえって体重が増えたり、痩せにくい身体になるとされています。脂肪を1kg減らすためには約7200kcalのカロリー消費が必要です。

これを1週間で割るとだいたい一日720kcal減らすということになります。安静時でもの消費される基礎代謝量を守ることが健康維持につながります。基礎代謝量の平均は女性で1200kcalを少し下回る程度です。

これまで一日に摂っていたであろうカロリー量をざっとで良いので計算し、そこからどのくらい食事を節制すれば良いのかを計算してみてください。

例えば一日に500kcal程度摂取量を減らし、更に250kcal程度の運動を増やせば、理論上は一週間で1kgの減量ができることになります。250kcal消費する運動と言えば、時速8kmのジョギングで30分程度、自転車時速20kmで30分程度です。

 


絶食はダメ


絶食や極端なカロリー制限はいけません。身体を壊して寝込んでしまい、基礎代謝量が減って太りやすい身体を作ってしまいます。脳は糖質で動いているので、糖分がなくなると気分が落ち込み鬱っぽくなります。

筋肉から糖分を分解して使うことになるので、どんどん痩せにくい身体を作ることになります。

 


栄養サポートのついたファスティング


どうしてもファスティング(断食)が必要であれば、医師のサポートがついたファスティング施設で行うようにしてください。

色々なホテルでファスティングのプランも増えており、ホテル内のジムを利用できたり、シェフがファスティングに必要な野菜ジュースを作ってくれたりします。

言うまでもなく、開始前にメディカルチェックを受けられることも利点です。健康診断と小旅行を兼ねたファスティングなら時間が短く感じられるかもしれませんね。

 


食事のボリュームを減らし、回数を増やそう


カロリー摂取量が経ると、どうしても低血糖になりやすく、それがイライラとなり食欲の爆発につながります。

周りの人達や自分自身に辛くあたってしまうこともあるでしょう。これは意思力の問題ではなく、自然な生体反応です。

カロリーが低い食事を一日6回ほどに増やすことで、血糖値の急激な低下から心と身体を守ってくれます。食事と言っても6回もがっつりした食事を摂る必要はありません。

温野菜サラダのような小さなプレートと豆乳のようにタンパク質が補給できるものであれば理想的です。

 


ながら運動で少しでも筋肉量アップを


放っておくと脂肪をためこんでしまう人体ですが、カロリーを大量に消費するのは筋肉と脳です。カロリー摂取量が減れば、筋肉も減ってしまうシステムになっていますが、筋トレを加えることによって筋肉量が減少してしまうのを少しでも阻止しましょう。

女性でもリフティングによるダイエット効果が高いことがわかってきました。バーベル運動をぜひ取り入れてみてください。残念ながら女性の身体には筋肉がつきにくいので、相当やってもムキムキになってしまう心配はないでしょう。

また、一週間という短い期間で運動量を増やすのならば、いつもよりもストレッチを多く取り入れ、怪我を防いでください。ストレッチやマッサージを取り入れることで疲労の回復が期待でき、むくみが解消されるのでより見た目がスッキリします。

 


ビタミンCで免疫力アップを


カロリー摂取量が減ることは身体を機能させる栄養素が摂れないということを意味します。食べ物だけで必要な栄養素を過不足なく摂取することを目標にすれば、一日に2500kcalほど摂らなければいけないと言われるほどです。

できれば新鮮なフルーツや野菜類からビタミンを補給しましょう。特にビタミンCは抗ストレス作用や免疫力アップに効果的とされており、摂り過ぎても尿から排泄されてしまいます。

場合によってはサプリメントの活用も考えるのも必要ですが、微量ミネラルなど食べ物からしか摂ることのできないバランスがありますので、まずは新鮮な食べ物から摂取することを目標にしてください。

 


設定は1週間以内で


過激なダイエットは長くても一週間が限度です。それ以上になると摂食障害を引き起こし、正常に食べることがわからなくなる、食べ物が恐怖の対象となるといった苦しい日々が待ち構えることになります。

エクストリームなダイエットでなくても、バランスの良い食事と適度な運動によって、健康的に減量したり維持することは十分に可能です。ぜひ長期的な視点でアクティブな毎日をすごしてください。

 

いかがでしたか。健康のためにも短期間でのクラッシュダイエットは、かえって太りやすくなったり身体を壊す恐れがあるため、なるべく避けたいものです。

しかしどうしても外せないスケジュールがあって急いでいる時には、時に必要なことかもしれません。実践する場合には1週間にとどめ、痩せやすい身体をキープしましょう。

そして必ず絶食ではなく、今回ご紹介した7つのステップを踏まえて最低限の栄養素は摂取するようにしてください。美しさには肌や髪の艶も大切です。ぜひご自分の身体を全体的にとらえてチャレンジしてみてください。

 


まとめ


必見!誰でも一週間で痩せる方法、7日間のステップ

・現実的なゴール設定をしよう
・絶食はダメ
・栄養サポートのついたファスティング
・食事のボリュームを減らし、回数を増やそう
・ながら運動で少しでも筋肉量アップを
・ビタミンCで免疫力アップを
・設定は1週間以内で