水泳の消費カロリーを知ってダイエットを効果的に行う秘訣

水泳の消費カロリーを知ってダイエットを効果的に行う秘訣

水泳は全身運動ですからダイエットにも効果的と良く言われますよね。しかし水泳の消費カロリーをご存知の方は案外多くはないのではないでしょうか。漠然と「水泳のカロリー消費量は半端ないよね」・・・なんて言いながらもどれだけの時間や距離を泳げばどれだけカロリーを消費するのか知らずに闇雲に泳いでみたって疲労が溜まるだけでは元も子もありません。

しかし水泳は当然のことながら水の中で行う運動になりますのでダイエットの為に行う他の運動と比べれば身体に負担をかけないというメリットもあります。効果的な水泳ダイエット法を知るのはとても有意義なことです。水泳の消費カロリーを知ってダイエットを効果的に行う秘訣についてお伝えします。



 


水泳の消費カロリーを知って
ダイエットを効果的に行う秘訣

 


水中でのあらゆる動きは高い消費カロリーが期待できる


水泳といえばダイエット効果がとても高い全身運動というのが一般的な意見ですね。水泳の中にも平泳ぎやクロール・水中ウォーキングなど様々な運動がありますがどれも水泳の消費カロリーはとても高いのです。脂肪燃焼や引き締めなどのダイエット効果を得たいとお考えなら水泳はとてもお勧めです。

水泳ダイエットは泳げなくてもできるダイエット方法です。クロールや平泳ぎなどができなくても水中を歩くだけで陸上を歩くより負荷がかかり水泳における消費カロリーは倍増します。同じ時間、運動でダイエットするなら効果は何倍にもなるのです。食事方法と併せて水泳ダイエットを行えば効果絶大です。

水泳ダイエットは色々な泳ぎ方や動き方で効果的にカロリー消費もでき楽しめるダイエットです。水中は陸上と違い水の抵抗もありその中で普段と同じような動きや泳ぎをすれば全身の筋肉をバランスよく使うことができます。例えば水の中を歩くだけでも陸では軽く前に進めるのに水の抵抗を受け足に負荷がかかり思うように前に進むことができません。この時足の筋肉のみ使用しているように感じるかも知れませんが実は全身の筋肉を使っているのです。

結果的にバランスのいい筋肉が適度につきその筋肉のおかげで脂肪も燃焼しやすくなります。また筋肉がつくことにより代謝も良くなるのでダイエットにもつながります。勿論水泳で消費カロリーは上がります。泳ぐことでただ筋トレを行うよりは楽しくダイエット出来てストレス解消にもなりますので画期的なダイエット方法といえます。

 


血流アップで健康的にシェイプアップ


健康的にシェイプアップしたいのなら水泳ダイエットはお勧めです。水泳の効果は沢山ありますが特に全身の血流を良くするという点ではずば抜けて優れています。血流が良くなれば体中の老廃物を外に出すことが出来て老廃物が溜まった体に一度つくと取るのが難しいと言われるセルライトの予防や冷えの原因で栄養が隅々まで行き渡らなくなり痩せにくい身体になるのを防いでくれます。

水の力というものは予想以上に強く水中に入るだけでなんと人の身体には1.3トンもの圧力がかかります。その大きな水圧の中で動くことによって全身がマッサージされ血流が良くなるのです。また水の浮力も手伝って陸上で行う運動と比べて足腰に負担をかけることなくダイエットができるのも魅力です。

 


平泳ぎかクロール、ご自身に合う泳法を探す


水泳で最もカロリー消費が高いという点では平泳ぎがお勧めです。平泳ぎは他の泳ぎ方と比べると楽に泳げる形です。ダイエットや筋トレに大事なのは激しい運動を短時間するのではなく軽い運動を長時間継続する方が効果的です。水泳ダイエットも同様で基本は30分以上ゆったりと泳ぐことが大事なのです。

もしクロールや背泳で30分異常と想像してみて下さい。ゆっくりとした動きで長い時間泳げるテクニックがあれば良いのですがそれらの泳法は動きが大きくフォームも乱れやすいので疲労を感じやすいものです。誰でも比較的実行しやすいのが平泳ぎです。浮力を上手に使って大きく手足を動かす平泳ぎでゆったり楽しみながら行ってください。

同じ時間を泳いだ場合には当然のことながら激しい全身運動になるクロールの方が同じ水泳の泳法の中でも消費カロリーは大きいです。しかし間違ったフォームで長時間泳いでもカロリー消費の効率も悪くなり余分な筋肉を増やしてしまう恐れがあるのです。しかしクロールが得意でゆったりと泳げる方なら最も効率がいい泳ぎ方になります。水泳の泳法の中では消費カロリーの高さはかなりのものです。

因みに性別や年齢によって差はありますが一時間クロールした時の消費カロリーは最大で1300キロカロリーにもなります。日常の生活や普段行う運動でこの数値を叩きだすのはなかなか難しいですよね。水泳ダイエットで一番効果的に消費カロリーを上げるなら「のんびりクロール」がお勧めです。

水泳で消費カロリーが上がるポイントは200メートル泳いだ頃からの脂肪が燃焼しやすい状態を通り越してそれ以上の距離を泳ぐことが必要でその鍵は息継ぎの仕方に気を付けることです。水中で鼻からゆっくりと息を吐き顔を出した時に軽めに息を吸うこと。それを意識すれば全体に酸素がいきわたり充分な有酸素運動をすることが出来るといいます。

 


目的別効果的なメニュー


水泳ダイエットのメリットは誰でも無理なく出来ること。ウォーキングやランニングをしようと思うと人によっては足腰に大きな負担がかかり健康に害があります。また陸上の運動は全体の重さが下半身にかかり足の筋肉だけが逞しくなりがちです。その点水中での運動である水泳は浮力で身体の重さが軽減され全身にバランスよく綺麗な筋肉をつけることができるのです。

水泳ダイエットの目的が筋肉をつけたいのかそれとも脂肪を燃焼したいのかによってメニューは変わってきますが全身の筋肉をつけて引き締めたいなら平泳ぎやクロールをゆっくり長い時間かけて行うのが効果的です。特に平泳ぎは腹筋を鍛えます。脂肪を燃焼したいなら水中を大股で歩くのが効果的です。

低い水温で身体が脂肪をエネルギーに変え温めようとする効果があり水泳以前に水の中に入るだけでもカロリーは消費されるので水泳初心者は難しく考えずまずは一時間ほどの水中散歩を楽しんでみてください。有酸素運動なので他のダイエット同様に長時間継続出来ればより効果的ですが無理は禁物です。楽しんで行うことこそが大事なのです。

 


水泳の消費カロリー比較


では肝心の水泳ダイエットでも消費カロリーですが実は陸上での有酸素運動に比べとても効率の良いダイエット方法だというのを意外と感じる方も少なくないですよね。水圧がインナーマッスルを鍛えてくれ同時に浮力によって体に負担をかけることなく全身運動ができることが大きな理由です。

その全身運動による消費カロリーは体型や泳ぎ方によっても変わりますが一般的にはクロールは1時間あたり約900~1300キロカロリー。平泳ぎは1時間あたり約550~600キロカロリー。水中ウォーキングは1時間あたり約200~400キロカロリーと言われそう考えてみるとかなりの消費カロリーになり運動量があるんだと感じませんか。

因みに体重50キロの人がウォーキングを1時間した時の消費カロリーが約160キロカロリーですから水泳ダイエットの効率がいかに優れているかおわかりになるかと思います。また水泳ダイエットは体だけではなく精神面にも大きな効果をもたらしてくれると評判です。日頃のストレス解消やリラックス効果もあり消費カロリーの数値にとらわれず水中で好きなことをしてみるだけでも良いのです。

そもそも有酸素運動全般に心肺機能を向上させる効果がありますが水泳の場合には他の運動よりも更に心肺機能が鍛えられますので是非チャレンジしてほしい運動です。しかし水泳の消費カロリーという点のみで言えば先程の数値の例はごく一般的なお話で個人の技量や経験・体格によってその差はありますが他のスポーツと比べればデメリットよりはメリットが多いというのは間違いないと言えます。

 

いかがですか。以上が水泳の消費カロリーを知ってダイエットを効果的に行う秘訣です。健康的に綺麗にダイエットする最適な方法が『水泳』と言えます。水泳選手の方々のボディは実に理想的な美しさがあります。水泳は全身の筋肉をバランスよく使う運動であることとかなりの消費カロリーがあるというのがその理由です。それには水の抵抗も受けるのも一つのポイントとなる訳です。

美容の観点からの部分的なダイエットというよりも水泳は消費カロリーを上げて身体全体のいわゆるボディメイクという意味ではとても優れたダイエット法なのです。また水泳はストレス解消にもなり消費カロリーの割には程良い疲れを感じるにとどまるスポーツであるのがメリットです。是非水泳で綺麗に痩せてみてはいかがですか?

 

まとめ

水泳の消費カロリーを知ってダイエットを効果的に行う秘訣

・水中でのあらゆる動きは高い消費カロリーが期待できる
・血流アップで健康的にシェイプアップ
・平泳ぎかクロール、ご自身に合う泳法を探す
・目的別効果的なメニュー
・水泳の消費カロリー比較