断食ダイエットに失敗した人から学ぶ3つのこと

断食ダイエットに失敗した人から学ぶ3つのこと断食ダイエットは、痩せれることができて、健康な体にもなれて、しかもお金もかからない、ということで、女性なら誰でも実践したくなりますよね。しかし、断食ダイエットに成功する方は意外と少ないのです

なぜかというと昔と違い食べたいものがいつでも手に入り、極限の空腹状態に陥ることはほとんどないといってもいい現代。それは幸せなことですが、内臓は働きっぱなしで体の中は毒素で一杯になっているのです。すなわち、現代人の身体は痩せにくく太りやすいという状態になっているのです。

断食ダイエットは体の中を空っぽにして内臓を休め、体をリセットさせるのにもっとも効率的な方法と言われています。そうすることでさまざまなメリットがあります。

毒素や老廃物の排出が促され美肌効果に大きな期待が持てるのも特徴です。更に綺麗になった体は本来の機能を取り戻しているので、痩せやすい身体へと変化することになります。

また、緊急ダイエットにも有効な断食ダイエット。水分以外口に入れることのできない断食ダイエットは、辛い過酷なダイエットというイメージを持たれる方が多いです。しかしある一線を越えれば、意外とそれほど辛くもなく簡単に乗り越えることができるものなのです。

断食後は体重も減り、成功したように思えます。しかし、すぐに元に戻ってしまったという人が実は多いのです。その失敗の原因はどこにあるのかを知ることは、断食ダイエットを行う上で非常に重要になってきます。そこで今回は断食ダイエットに失敗した人から学ぶ3つのことをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

体脂肪の計算方法とダイエットのコツを伝授

体脂肪の計算方法とダイエットのコツを伝授ダイエットにおいて体重と同じように意識したいのが体脂肪率の数値ですが、体脂肪率の計算方法は一応知っておきたいですよね。自分の体脂肪率を知りたいけど、体脂肪率の計算方法が分からないと言う方も結構いるのです。

体脂肪とは、その名の通り体の中にある脂肪のことです。大きく分けると、皮下につく「皮下脂肪」と内臓の周りにつく「内臓脂肪」の二種類があります。

この体脂肪が体の中にどれくらいあるかというのは、体重に対する脂肪の割合として「体脂肪率」という数字で表します。体脂肪が気になりだしたら、体脂肪率の計算方法を知りたいと思うものです。体脂肪率の計算方法や自分の体脂肪率を知ることはダイエットを行う上でとても重要なことです。

体脂肪は少なすぎても、多すぎても身体への影響が出てきます。多すぎる体脂肪を減らすことは、女性らしいメリハリボディを作り上げるだけでなく、健康維持にも役立ちます。体重が多いと、体脂肪率も高いというイメージがあるかもしれませんが、実際にはそうだとは言い切れないのが体脂肪率です。

人間の体内に存在する「筋肉」と「脂肪」では筋肉の方が重いのです。体重が重いからと言って、それが体脂肪と直結しているわけではなく、中にはその体重が筋肉であり、体脂肪率はとても低いという人も沢山いるのです。

例えば体重が重くてもその多くが筋肉である方もいれば、逆に、体重は少なめで見た目もホッソリして見えるのに体脂肪が多いという人もいます。このような人を「隠れ肥満」と呼びます。ダイエットで極端な食事制限や、偏った食生活を送っている人に多く見られます

つまり本当に気にしなければならないのは、体重ではなく体脂肪です。体脂肪が落ちてくることにより、美しくボディラインを整え、これに伴い体重も減少します。さらには健康的で太りにくい身体を手に入れることができるのです。そこで今回は体脂肪の計算方法とダイエットのコツを伝授します。

[ 続きを読む… ]

太ももダイエットを簡単に成功するための3つの方法

太ももダイエットを簡単に成功するための3つの方法女性は薄着の季節になると、太ももダイエットを簡単に行いたくなりますよね。特にミニスカートやショートパンツを素敵に履きこなしたい季節でもありますし太ももダイエットで簡単に太ももを細くしたいと願う女性は多いのものです。

すらりと伸びた足は、男性だけではなく女性の視線も強く惹きつけますし、人から見られる職業のモデルさんや女優さんは皆細く引き締まった太ももをしています。しかし、自分もあんな綺麗な足になりたい…と思う一方で、「足痩せは難しいから」と最初から諦めてはいないでしょうか。きっと並みならぬ努力をしているに違いないと思っている方は沢山います。

しかし、もし太ももダイエットを簡単に行うことが出来るとしたらどうでしょう。太ももはダイエットで食事制限をしても、運動を行っても、なかなか細くならない箇所ですが、一度太くなってしまった足はもう二度と細くならないわけではありません。ただ、通常のダイエット方法では太ももダイエットを簡単に行うのは少し難しく、太ももは一度太くなってしまうと、なかなか痩せづらい部位の一つでもあります。

では、なぜ太ももは痩せにくいのか?実は太ももには、普段の生活で余り使うことのない筋肉が集中している為、何もしなければどんどんたるみゆるんでしまうのです。ですので、常日頃から太ももの筋肉を意識して使う必要があるのです。例えば、いつもエレベーターを使っている方は階段を使うことで、太ももの筋肉を鍛えることが出来ます。更には太もも引き締め効果が実感できるようになります。

その他にも太ももを細くする有効な方法は沢山あります。そこで今日は特にオススメの太ももダイエットを簡単に成功させる為の3つの方法についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

ペディキュアで差をつける!マネしたい7つの画像

ペディキュアで差をつける!
ファッションといえば目につく部分につい拘りがちですがペディキュアなど目立たない部分にさりげないこだわりをもっている人ってカッコいいですよね。オシャレ上級者って感じがします。派手ではなく上品な雰囲気だったら大人のお洒落だし、ポップで可愛いものだったら見ているだけでも元気が出るお洒落。実に狭いパーツですがたったそれだけで全体のイメージを変えることまでできてしまう魔法の力をもっています。

足元が濡れるのを気にして足先を隠しがちだった長い雨降りの季節が終わるといよいよ太陽輝く解放の季節です。『』はペディキュアがとても似合います。涼しげなシンプルファッションを惹き立たせるアイテム、素敵なペディキュアでみんなに差をつけちゃう!マネしてみたいアイデアについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

下腹をダイエットしたいなら改善するべき生活習慣

下腹をダイエットしたいなら改善するべき生活習慣
下腹をダイエットして、デニムやパンツを素敵に履きこなしたい、と女性なら誰しもそう思いますよね。体重は変わっていないのに、下腹がポッコリ出て前には穿けたデニムが穿けなくなった…。そんな方はきっと下腹ダイエットを本気で考え始める事でしょう。

特に、真正面から見ると分からないけど、真横から見ると下腹が妊婦さんのように出ている方は、注意が必要です。このような悩みは、年齢を重ねるごとに増加の傾向にあります。

いわゆる下腹ぽっこりの状態は、他が細くても太って見えてしまいますし、放置し続けると恐怖の三段腹になってしまいかねませんので、下腹ダイエットで早めの対処が必要です。

お腹にまんべんなく脂肪がついていると、胃より下あたりの部分から半円形に丸くなりますが、下腹に脂肪がついていると、ウエストにくびれがあるにも関わらずぽこっと飛び出したように丸くなってくるのが特徴です。

下腹がポッコリと出てしまったり、下腹が垂れ下がってしまったり、お腹周りは特に気になる部位です。特に中年期以降の人においては、自身の下腹の体型を切実な悩みとしている人が多いのです。

下腹は元々脂肪が付きやすい部分なのですが、年齢が進むことによる筋力や代謝機能の低下によって、さらに脂肪が付きやすくなってしまいます。脂肪がつきやすい箇所でもあり、落とすのが難しいと思われがちですが、生活習慣を変えることで手軽に下腹の悩みを解決することができます。

下腹ダイエットをする前にまずは、自分の生活習慣を振り返ることが重要になります。生活習慣を改めるだけで、下腹は引き締まりますし、下腹ダイエットの効果を最大限に引き出すことが出来ます。そこで今回は下腹をダイエットしたいなら改善するべき生活習慣についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]