ライ麦パンのカロリーは減量中も安心!美味しく食べる方法

ライ麦パンのカロリーは減量中も安心!美味しく食べる方法

皆さんライ麦パンをご存知ですか?ライ麦パンとは名前の通りライ麦で作られたパンのことです。小麦のパンよりもビタミンやミネラル、食物繊維が多く含まれています。そして何よりカロリーが低いのでダイエット中ぴったりのパンなんですよ。

小麦で作られた食パンは100gで約264キロカロリーなのに対してライパンは100%ライ麦のものだと100g約187キロカロリーでとてもカロリーが低いです。しかしダイエット中だからといって毎日同じライ麦パンを食べるのって結構大変ですよね。そこで今回はライ麦パンの美味しく食べ方をご紹介していきたいとおもいます。毎日同じ食べ方で飽きてしまっている人は是非参考にしてみてください。



 

ライ麦パンのカロリーは減量中も安心!
美味しく食べる方法

 

何かを塗って食べよう


ライ麦パンに慣れている人はあまり気にならないでしょうがライ麦パンに慣れていない人はもそもそとしていて味気がなく食べづらいかとおもいます。そんな方はそのまま食べるのではなくジャムなどを塗って食べてみてください。ジャムなどを塗ることでもそもそ感があまり気にならなく食べやすくなります。

 

サンドイッチにしよう


薄く切ったライ麦パンにハムやレタスやトマトやチーズなどを挟んでサンドイッチにすると食べやすくなります。サンドイッチにすることでライ麦パンだけではなく他の具材を楽しめるので美味しく食べることができます。その日の気分によって中身を変えるのもオススメです。中身を変えることで飽きることもなくなるのでライ麦パンを食べ続けることができちゃいます。

 

薄く切って食べよう


ライ麦パンは小麦のパンに比べずっしりとしているので食べづらいと感じるひとも多いと思います。ライ麦パンは分厚く切らずに薄く切って食べることでずっしりとした感じがあまり気にならなくなります。さらにゆっくりと食べることでずっしりしている分少ない量でお腹がいっぱいになります。

 

食べる前に少し焼こう


ライ麦パンを薄く切り食べる前にトースターなどで少し焼くことでもそもそとした感じが取れてとても食べやすくなります。こんがりと焼いてバターなどを塗って食べるとさらにおいしいです。さらにチーズを乗っけて焼くことでチーズが程よく溶けて美味しく食べることができちゃいます。

 

食べごろは焼いた3日後


パンを焼くときに発酵させますよね。発酵させることで二酸化炭素を多くの含むのでお腹にガスが溜まり痛くなってしまうひともいます。焼きたてのパンの方が美味しくイメージはありますがライ麦パンは焼いてから3日後がちょうど程よく二酸化炭素が抜けて一番食べごろになり美味しく食べることができます。

 

ライ麦パンのグラタン!


ライ麦パンを薄く切らずに中をくり抜いきグラタンを入れてオーブンで焼くライ麦パンがお皿代わりになりお皿まで食べれるグラタンが作れます。グラタンにすることで夜ご飯にも最適です。グラタンとパンの組み合わせはとても美味しくですが小麦のパンをライ麦パンに変えることでヘルシーにグラタンと一緒に食べることができますよ。

 

乳製品を塗ろう


ジャムなども美味しくたべられますがどうしても酸味が気になるという人はバターやチーズなどの乳製品を塗って食べてみてください。乳製品を塗ることで脂肪分が酸味緩和してくれるので全体の味のバランスが整いとても食べやすくなります。乳製品の中でも一番のオススメはクリームチーズです。

 

いかがでしたでしょうか。

ライ麦パンはライ麦の比率が多くなるほど食べ慣れていない人には食べづらくなってしまいます。しかしダイエットの為にたべるのなら100%ライ麦のパンをたべたいと思うかと思います。食べづらいライ麦パンでもこのように少し工夫してあげるだけでとても食べやすくなりダイエットの味方になってくれます。

クセのあるパンだからこそいろいろな工夫で毎日楽しくたべていきたいですね。ライ麦パンの美味しい食べ方をご紹介しましたが気になったものがありましたら是非参考にしてみてください。

 

まとめ

ライ麦パンのカロリーは減量中も安心!美味しく食べる方法

・何かをを塗って食べよう
・サンドイッチにしよう
・薄く切り食べよう
・食べる前に少し焼こう
・食べごろは焼いた3日後
・ライ麦パンのグラタン!
・乳製品を塗ろう