コンビニを上手に活用してダイエットをする7つの方法

コンビニを上手に活用してダイエットをする7つの方法
健康管理や体型維持のために「明日からダイエットする!」という宣言をよく耳にします。

ダイエットで大切なのは運動と食生活の見直しですが、仕事が忙しかったり、周りとの付き合いがあったりしてコントロールがなかなか上手くいかないこともあるのではないでしょうか。そこで、生活をスタイルを変えずにダイエットができるように、コンビニを利用してみるのはいかがでしょうか。

都心部では100メートル歩けば1店舗は見つかるくらいコンビニがあります。この便利さを生かすことができれば、ラクチンかつ続けやすく、結果が出れば一石三鳥です。ではその方法を探ってみましょう。



 


コンビニを上手に活用して
ダイエットをする7つの方法

 


コンビニを敵視しない


コンビニはカロリーが高いものや体に悪いものが多い、と決め付けたりしていませんか?最近のコンビニは一人暮らしの若者向けだけでなく、家庭向けの商品も充実しているので、実はスーパーよりも食事のコントロールがしやすいショップなのです。

パワー型の食べ物もありますが、低カロリー食品もあります。副菜も増えており、下手に自炊するよりもバランスの良い食事を摂ることが可能です。ただし誘惑も多いので、そこはあなたの心構えが必要ですね。

 


カロリー表示を良く見よう


コンビニで売られている加工食品は、ほとんどすべてにカロリーが表示されています。おいしそうなものを見つけても、まずはカロリーを確認しましょう。

バランスよく見えるお弁当も、量の割りに高カロリーなものがあります。

おにぎり、サラダ、メインをバラバラで買うときも、総カロリーが自分の基準値をオーバーしていないかきちんと計算しましょう。よく見てみると、一見高カロリーそうに思えたものがそうでもなかったり、低カロリーと思っていたものがとんでもない数値だったりと、新しい発見もあります。

 


一人分サイズで「食べたいストレス」を解消


コンビニをダイエットで活用するにあたって魅力的なのは、食べたいものが少量で買えることです。自炊しようとすると、一つのものを作るのに材料がたくさん必要になります。

少量ずつ作るのは大変ですし、作り置きしても明日は別のものが食べたくなることもありますよね。自制できなくて、作りすぎたものを全部食べてしまうかもしれません。

その点、焼き魚や煮物、ハンバーグなど一人分の適量で売られているので、食べ過ぎることなく食べたい欲求を満たすことができます。

 


ジャンクフードはほどほどに


カップラーメンやホットスナックなど、油分の多い商品もコンビニには多々あります。カロリーだけを考えるとカップラーメンひとつくらい問題ない、と思いますが、言うまでもなく栄養面ではNGです。塩分も脂質も多いので、ダイエットには適しません。

コンビニを利用するとどうしても目に入りますが、どんなに好きでもせいぜい週1回のお楽しみくらいにしておきましょう。

その際は一緒に野菜も摂るなど、それだけにならないようにバランスをとりましょう。

 


おやつは一個売りのものを選ぼう


ダイエットをしていても、休憩中や食後にはおやつが欲しくなりますよね。ダイエットをしているからと我慢しすぎると、悪魔のリバウンドが成功の向こうで待ち構えています。

ストレスをためないように、適度な息抜きとしておやつを選ぶときは大袋ではなく、小さいものを選ぶと良いです。

コンビニのおやつ事情は、おせんべいなども一枚から売っていてとても便利。和菓子や洋菓子も少量のものがあります。袋を開けるとうっかり全部食べてしまう経験、ありますよね。誘惑は最初から絶っておくのがベストです。

 


飽きないようにコンビニを変えよう


コンビニの製品ラインナップは一定期間を過ぎるとリニューアルされたりもしますが、毎日のように利用していると2~3週間もすればその内容に多少飽きてきます。同じものを何日食べても気にならない方は問題ないですが、そうでない方はつまらないですよね。

多少組み合わせを変えたところで同じ味、同じ盛り付け。

意識して食事を摂っているダイエット期間は、いつもより食に対する興味も深くなっています。食べるものに飽きてダイエットをやめてしまわないように、数日ごとに利用するコンビニを変えて気分転換をしましょう。

同じ系列でも店舗によって仕入れが違うこともあります。

 


一番近くのコンビニは使わないこと


職場の近く、自宅への帰り道、家の近所と生活の中でコンビニを利用する機会はたくさんありますが、利用したいと思ったときに一番近くにあるコンビニはあえて避けましょう。

なぜならあなたはダイエットをしているからです。街中なら少し歩けばまたコンビニはあります。忙しくて時間がないなら1軒先のコンビニへ、少し時間をとれるなら5分は歩くコンビニへ、周りにコンビニが1軒しかなければ、遠回りしていきましょう。

数の利を生かして、買い物も運動の一環として簡単に取り入れてみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。ダイエットが成功しないと悩んでいる方は、完璧さを求める場合が多いのではないでしょうか。規則正しい生活をして、栄養バランスをばっちり整えて、運動も欠かさない。

でも実際はそんな生活、よほどストイックでないと遂行するのは難しいです。

無理に全部をこなそうとしないで、身近で利用できるものを上手に使って生活を見直していってはいかがでしょうか。

ダイエットにコンビニを活用するのはとても有用ですよ。

 


まとめ


コンビニを上手に活用してダイエットをする7つの方法

・コンビニを敵視しない
・カロリー表示を良く見よう
・一人分サイズで「食べたいストレス」を解消
・ジャンクフードはほどほどに
・おやつは一個売りのものを選ぼう
・飽きないようにコンビニを変えよう
・一番近くのコンビニは使わないこと